学生時代に一番夢中になったこと

学生時代に一番夢中になったこと

私は、性格的に何でも一つの事に集中することが多かったので

学生時代に一番夢中になったこと
私は、性格的に何でも一つの事に集中することが多かったので、その間は一気に時が経ってしまいます。特に学生時代はあることにとても夢中になっていました。

それは音楽科に在籍していたのですが、ピアノ科だったのでチケットを買う機会が多く、色々なピアニストのコンサートに行っていました。
私の家庭は父が普通のサラリーマンだったので、音楽科の学費はとても高かったのですが私の好きな道を進ませてくれて、少しむりして行かせてもらいました。
ですから、大学に入ってからは、コンサートのチケット代を払うためにバイトをしていました。
小さい子供たちに、お休みの日はピアノを教えていました。
家庭教師のようなものです。
大学は都会にあったので有名なピアニストも多く、中にはイケメンもいて、いつもパワーをもらっていました。

これからも夢中になることを探していきたいです。

注目情報



Copyright(c) 2017 学生時代に一番夢中になったこと All Rights Reserved.