学生時代に一番夢中になったこと

学生時代に一番夢中になったこと

学生時代に夢中になったことは、実はありませんでした

学生時代に一番夢中になったこと
学生時代に夢中になったことは、実はありませんでした。
今ではとても後悔しています。
友達と一緒にドライブをしたり、恋人とデートを楽しんだり、スキーやテニスをプレイして楽しんできました。

しかし、はやりのことをなんとなくやってみただけで、夢中になることは全くありませんでした。
経済的にも余裕がなく、何事も中途半端に終わってしまったのです。
今思うことは、学生時代にたくさん本を読んでおけばよかったと思います。社会に出ると、自分の知らないことがたくさんあります。人に話を聞きながら解決するのですが、やはり学生時代に本を読んでおけば、すぐに解決できそうなこともたくさんあるのです。
本ならばたいしてお金もかけずになんとかなったはずです。

しかし、本を読む習慣がついておらず、テレビばかりみていたことを本当に後悔しています。
学生時代に、友達とたくさん遊ぶことも大切ですが、やはり基本的な知性は、早いうちから身につけておくのが一番だと思います。

注目情報



Copyright(c) 2017 学生時代に一番夢中になったこと All Rights Reserved.