学生時代に一番夢中になったこと

学生時代に一番夢中になったこと

学生時代に一番心惹かれ夢中になったのは、パソコンでした

学生時代に一番夢中になったこと
学生時代に一番心惹かれ夢中になったのは、パソコンでした。

中学生の時、両親がパソコンを購入し、ネットを繋げ楽しく遊んでいるのを見ると、自分自身もパソコンをやってみたいと思い、両親に許可を得てネットで遊ぶ毎日でした。
ネット上でチャットをしながらブラインドタッチを覚えたのも中学生の頃、高校に進学する際の進路選択にも役立ちましたが、大学で情報処理関係に進みパソコンだけでなく経営等に関する勉強も少ししました。
中学生の時、パソコンを触っていなければ、興味が出る事や、そして仕事として役立つ事を知らず別の道を歩んでいたかもしれません。夢中になれる事があるのは良い事ですが、それが将来に役立つ事であれば尚更勉強する価値はあると思います。
学生時代に取り入れた事は無駄もありますが、無駄の中に大切な物がある為、私の子供が興味の沸く事に対しては、止めさせず飽きる迄やらせてあげたいと思います。現代はIT化されていく中で、少しの技術でも身につける事も、将来大切だと思います。

注目情報



Copyright(c) 2017 学生時代に一番夢中になったこと All Rights Reserved.