学生時代に一番夢中になったこと

学生時代に一番夢中になったこと

私が学生時代に一番夢中になったのは、やはり部活動ですね

学生時代に一番夢中になったこと
私が学生時代に一番夢中になったのは、やはり部活動ですね。
私が通っていた高校は決して頭が良い進学校ということはなく、中堅どころの程よく部活動に力を入れている高校でした。
そんな中にあって、私はバレーボール部に所属して汗を流していましたが、このバレーボール部は本当に厳しくて、通っていた高校内でも野球部と並んで厳しいことで名が通っていました。
その厳しさは、県内のバレーボール部でも有名になるくらいで、県大会などでも他校から同情のまなざしを集めることが良くありました。
今思うと、だからこそ楽しく、良くも悪くも強制的に夢中になっていたなと感じます。そこまで厳しい状況だからこそ、チームメイトとは絆が生まれたし、県内でも屈指の実力があって、注目されることも多かったと思います。
そして、何よりもそこまで厳しくしていただいたからこそ、本当に感動するようなプレーや試合が出来き、相手チームとの間に友情が芽生えたのだと思います。一生懸命になることを学びました。

注目情報



Copyright(c) 2017 学生時代に一番夢中になったこと All Rights Reserved.