学生時代に一番夢中になったこと

学生時代に一番夢中になったこと

学生時代一番夢中になっていたのは、やはり部活動です

学生時代に一番夢中になったこと
学生時代一番夢中になっていたのは、やはり部活動です。

僕は野球部に所属していたのですが、高校三年間はもう毎日野球漬けでした。
ただ、この三年間で多くのことを学んだことも確かです。
仲間の大切さ、信頼関係の大事さなど、人として大事なことをたくさん学ぶことができたので非常によかったと思っています。やはり団体スポーツというのは個人一人ではできないので、いろいろな経験をすることによって、非常に成長しやすい環境にあると思います。僕も実際に野球の試合で足を怪我してしまい出場できなくなってしまったとき、代わりに出場した仲間が「お前の分まで打ってきてやる」と声をかけられたときは、もう涙が止まりませんでした。

その試合は非常に大事な試合だったので、自分が出られない無念さがありましたが、代わりに出場した選手が大活躍もあり見事に勝つことができました。
このときほど仲間の大切さを身にしみたことはありませんでしたね。

注目情報



Copyright(c) 2017 学生時代に一番夢中になったこと All Rights Reserved.