学生時代に一番夢中になったこと

学生時代に一番夢中になったこと

学生時代、初めて一人暮らしを始めました

学生時代に一番夢中になったこと
学生時代、初めて一人暮らしを始めました。
最初はそうでもなかったですが、落ち着いてくると寂しく感じました。

その頃、テレビはまだ無かったのでラジオを聴くことが多く、ある日、そこから流れてくる音楽の歌詞が気に入ってしまったのが始まりです。
その時の自分の心情が似ていた事もあって、翌日はレコードを買いに行きました。
あの頃はまだレコードの時代でした。
そのシンガーソングライターのファンになり、初めてコンサートへ行ってみたいという気持ちになりました。

しかし、余分なお金が無いので、何とかその為に出来るアルバイトをしようと思ったのも、コンサートへ行きたいと思ったのが動機でした。
コンサートは無関心だった友人も誘って行くようになり、友人もすっかり引きつられてファンになっていました。

今でもそのシンガーは元気ですが、どうも健康に一寸問題が出てきているようです。
歌は物凄く上手という訳ではないですが、歌詞に自然と気持ちが入り込んでいけます。

注目情報



Copyright(c) 2017 学生時代に一番夢中になったこと All Rights Reserved.