学生時代に一番夢中になったこと

学生時代に一番夢中になったこと

学生時代に一番夢中になったことはやはり部活ですね

学生時代に一番夢中になったこと
学生時代に一番夢中になったことはやはり部活ですね。
私は、学生時代ボクシングをやっていて、とにかくきつかったけど、楽しかったですね。部活をしに学校に行っていたようなものですからね。なんせ、試合前には減量もしなくちゃいけないから、生活のほとんどが試合に影響するようになるのです。
そもそも、殴り合いというのは非日常的な出来事を、毎日授業が終わった後にやるという事が、はまった理由の一つかもしれません。練習が終わったら、顔に青タンが出来るのもごく普通の事ですが、その後アルバイトに行くと、結構みんなにびっくりされるのです。

とにかく夢中になりましたね。どうすれば相手を倒せるか、パンチが当たるかをずっと考えながら動かないといけないし、体重を落とさなきゃいけないし、育ち盛りの体にはきつかったですが、そのようにきつい環境において闘わなきゃいけないというのは、若い時は楽しかったんだろうなと思い出します。

注目情報



Copyright(c) 2017 学生時代に一番夢中になったこと All Rights Reserved.