学生時代に一番夢中になったこと

学生時代に一番夢中になったこと

学生時代はやりたいことや好きなものも多く

学生時代に一番夢中になったこと
学生時代はやりたいことや好きなものも多く、いろいろな事に興味が湧いてはそれぞれに夢中になったものです。

なかでも、大学の頃親しい友人と組んだバンド活動は当時とても夢中になりました。
そのバンドはギター、ベース、ホーンセクションのメンバーしか揃わなかったのですが、学校の講義が終わっては一人のメンバーの部屋に集まり、メンバー勧誘の話し合いなどして活動していました。
それぞれにアルバイトをしていたので揃っての練習はなかなかできず、バンドのレパートリーに決めた曲のそれぞれパートを練習しては、スタジオであわせて練習していました。
個人の練習が遅れるとスタジオ練習がうまくいかくなるので、日々の空き時間に夢中で練習したことをよく覚えています。結局、ドラムをはじめとするメンバーは卒業まで集まらなかったのですが、今でもとてもよい思い出です。

今でもたまに楽器を演奏したりしますが、当時の夢中で練習したこと思い出しては懐かしく思っています。もちろん、勉強も夢中でしたよ。

注目情報



Copyright(c) 2017 学生時代に一番夢中になったこと All Rights Reserved.