学生時代に一番夢中になったこと

学生時代に一番夢中になったこと

学生時代は社会人になった今ほど自由な時間がなく

学生時代に一番夢中になったこと
学生時代は社会人になった今ほど自由な時間がなく、四六時中勉強の日々だったのを思い出します。
やはり学校にいる時間がもっとも長かったので、部活には夢中になっていました。
小、中、高校と部活は吹奏楽部で、私はフルートをやっていたのですが、憧れだったのが、先輩がやっていたソロ演奏でした。

しかし、小中学校のときはフルートを担当していた子が数人いて自分よりもずっと上手かったので、私自身は憧れだったソロが出来ず、それだけが心残りでした。

でも、朝練と放課後練習があり、イベント前にはかなりみっちり練習して、きちんと演奏できたときの達成感は今も忘れられません。吹奏楽で得た努力や忍耐力、達成感などは今、社会人になって活きているなぁと思うことが度々あります。
もう暫く楽器には触っていませんが、もう少し歳をとってゆっくり趣味が楽しめる余裕ができたら、また再び、趣味でフルートをやりたいなと思っています。

注目情報



Copyright(c) 2017 学生時代に一番夢中になったこと All Rights Reserved.