学生時代に一番夢中になったこと

学生時代に一番夢中になったこと

今、思えば学生の時が一番楽しかったように思いますね

学生時代に一番夢中になったこと
今、思えば学生の時が一番楽しかったように思いますね。
私は友達が多くて学生時代、それは充実したものでした。
今でも、定期的に会う友達もいますが、そんな時は学生の頃の話に花が咲きます。勉強はとてもつらく投げ出したくなることもありましたが、そんな時は友達の励みが力になりました。
教わったり、教えたりしてお互いに学力向上に努力したものです。
そんな学生時代に一番夢中になったのが、音楽でした。
友達同士でバンドを組んで、フォークなど演奏したものでした。
ギターの練習に夢中になり、徹夜になったこともあります。まさに青春を駆け抜けたという感じですね。学園祭では私たちのバンドが演奏することになり、少し緊張もしましたが、演奏し終わって歓声を浴びた時は、本当に感動しました。

その時のことは今でも忘れられないですね。我が青春の1ページとして深く胸に刻まれています。学生時代に夢中になれるものがあるというのは、素晴らしいことだと思います。

注目情報



Copyright(c) 2017 学生時代に一番夢中になったこと All Rights Reserved.