学生時代に一番夢中になったこと

学生時代に一番夢中になったこと

社会に出て15年以上経ちますが

学生時代に一番夢中になったこと
社会に出て15年以上経ちますが、今でもよく遊ぶ仲間は高校時代の仲間です。

今思い返しても、一番刺激的で思い出に残る時間だったと思います。それまでの学生時代と違い電車を使って繁華街に行き、アルバイトをして多少のお金を持てたのも有りましたが、一番は部活動に夢中になった事が全てです。
アウトドアスポーツを全般に行う部活に所属し、夏は登山にキャンプにマウンテンバイクでツーリング。冬は極寒キャンプや洞窟探検など、みんなで聞きかじった情報を持ち寄り、足りない頭で出来ることを計画し夢中で実行していました。
勢いで突っ走ってしまい多少の危険と背中合わせだった分、お互いを助け合う事で信頼関係を築き上げました。
そういった濃い時間を共にしたので、時間が経った今でも心が通じる関係を保てているのだと思います。
学生時代を思い返してみると、勉強は疎かに成ってしまいましたが、このような経験やかけがえのない仲間を手に入れる事も出来たのが、一番の財産です。

注目情報



Copyright(c) 2017 学生時代に一番夢中になったこと All Rights Reserved.