学生時代に一番夢中になったこと

学生時代に一番夢中になったこと

学生時代に一番夢中になったことは、部活です

学生時代に一番夢中になったこと
学生時代に一番夢中になったことは、部活です。

バスケットボール、テニス、バドミントンと毎年部活をかえてチャンレンジしてきました。
私は体を動かすのが昔から好きなで、学生時代はスポーツをとにかく頑張ろうと入学の時から思っていました。
大会などにもレギュラーとして出場させてもらいましたが、あまりいい成績はおさめられませんでした。

しかし、大会の成績だけが部活の意味ではないので、部活から学ばせてもらったものはたくさんあったといえます。素敵な先輩や顧問の先生との出会いもありましたし、後輩もできて可愛がってあげたりもしました。
大会に向けて皆で一丸となって練習を頑張ったのも良い思い出で、あの当時の私の集中力はかなり高まっていたのではないかと思っています。やはり、好きなことをやる場合にはいつもより集中してプレイすることができます。
テニスに関しては今でもプレイすることがあって、学生時代に得たスキルが役立っているのではないかと思っています。

注目情報



Copyright(c) 2017 学生時代に一番夢中になったこと All Rights Reserved.