学生時代に一番夢中になったこと

学生時代に一番夢中になったこと

学生時代に一番夢中になった事と言えば、文化祭の出店です

学生時代に一番夢中になったこと
学生時代に一番夢中になった事と言えば、文化祭の出店です。

私が通っていた高校は年に1度文化祭があるのですが、各クラスが1つ催し物をする決まりになっていました。
1年生の時は文化祭がどういう物かクラスメイトも知らないし、何をしていいか解らず担任の先生の提案通りにお化け屋敷をしたのですが、2年生になりラーメン大好きな生徒が、全生徒が驚くラーメン屋台を出店しようとなりました。
面白いという事になり部活をやっていない生徒でラーメン屋でのバイトが出来る生徒は各自美味しいと言われているラーメン屋さんでバイトをし、店長に教われる部分は教わりながら、週末集まって試行錯誤しながらスープを考え準備をしました。
文化祭が近づき、麺は賛同してくれたお店の店長さんから提供してもらい、やっと私たちのラーメンが完成しました。
当日は休む暇もないくらい大行列で、お昼で用意していたスープが無くなってしまう程大盛況でした。
3年生の時の文化祭もラーメン屋をし、去年の倍の量のスープを用意しましたがこれもお昼で無くなりました。

私達にはとても良い思い出で、クラスメイトの1人は今地元で人気のラーメン屋さんを営んでいます。


Copyright(c) 2017 学生時代に一番夢中になったこと All Rights Reserved.