学生時代に一番夢中になったこと

学生時代に一番夢中になったこと

中学生時代に夢中になっていたスポーツがバドミントンでした

学生時代に一番夢中になったこと
中学生時代に夢中になっていたスポーツがバドミントンでした。
小学生の頃、遊び感覚でやっていたので、すごく軽い気持ちで友達数人とバドミントンクラブに入部しました。

いざ入部してみると、ラケットを持てるまでの基礎運動がその頃の自分にはとても厳しいものに感じ、シャトルを打つまでにこんなに走らないといけないのか、水も飲めないのかなど疑問がいっぱいでした。
そこには羽つき感覚のバドミントンは全くなく、ハードなスポーツでへとへとになっている先輩や友達がいました。
大勢入った新入部員もあっという間に減り、数える人数しか残らない状態になりましたが、私が残ろうと思ったのは先輩達のシャトルを打った時の音の凄さと、そしてスピードあるスマッシュが凄くかっこよくて「私も先輩たちのように打ちたい」と思ったからです。
それからは朝は友達と学校行く前にランニングをして体力をつけたり、素振りを毎日欠かさず頑張ったりして一歩でも先輩に近づこうと必死にやっていました。

実力的には負けてばかりでしたが、学生時代は何か目標に向かって打ち込むものを見つけられれば、勉強も同じくらい頑張れると思います。

注目情報



Copyright(c) 2017 学生時代に一番夢中になったこと All Rights Reserved.